相談支援の充実

基幹包括支援センター

市内28か所の高齢者の総合相談窓口である地域包括支援センターの困難事例の対応等後方支援、医療介護連携に関することや、運営事業の評価に伴う業務支援、地域ケア会議の運営支援、介護支援専門員等への資質向上研修の開催、関係機関とのネットワークづくりの調整を行います。

また、基幹包括支援センター内に設置されている認知症初期集中支援チームが、認知症の方(若年性認知症の方を含む)やその家族の支援を関係機関と連携しながら行います。