ボランティア活動・福祉教育支援

ボランティアセンター事業

(1) ニーズ(依頼)とボランティアとのコーディネート(つなぐ)

・ボランティア(ボランティアをしたい、ボランティアをお願いしたい等)相談対応

 

(2) ボランティアセンター登録者の活動支援

・ボランティア個人・グループの登録

・ボランティア保険の加入手続きの代行

 詳しくは「愛知県社会福祉協議会ホームページ(福祉の保険)」をご覧ください。

・登録ボランティア団体への研修活動費等の助成

・ボランティア活動表彰等

 

(3) ボランティア活動の啓発、情報発信

・生涯学習出前講座

・情報紙「ぼらんてぃあだより」の発行  毎月7,800部発行

※登録ボランティア、市内小中学校、自治区等に送付

・ホームページ「とよたぼらんてぃあ広場」へ情報を掲載

・メールによるボランティア情報の配信(ボラメ情報)

・「Facebook」「twitter」での情報の掲載

・使用済み切手、ベルマーク等の収集、整理、寄贈事業

※市内の児童養護施設や障がい児入所施設等で役立てられます。

 

(4) ボランティア同士のネットワーク

・子ども食堂等の支援

・ボランティア懇談会の開催

 

(5) 災害事業

社会福祉協議会は、災害発生時には「災害ボランティアセンター」を設置し、被災地の支援ニーズの把握・整理を行うとともに、支援活動を希望する個人や団体の受け入れ調整やマッチング活動を行います。

災害ボランティアセンターでは、被災地(者)の気持ちに寄り添い、被災者のニーズに応えるとともに、ボランティア活動を希望する人が、安全に安心して活動できるよう調整することが求められます。

 そのような「被災者の思い」と「ボランティアの思い」をつなぐ役割を社会福祉協議会とともに担い、災害ボランティアセンターを運営するのが「災害ボランティアコーディネーター」です。

 豊田市社会福祉協議会では、豊田市と共催で災害ボランティアコーディネーターの養成・育成を行っています。

 

・災害発生時、「災害ボランティアセンター」設置

・災害ボランティアコーディネーター養成講座

・災害ボランティアコーディネーターフォローアップ研修

・災害ボランティアセンター支援センター立上訓練等

災害復興支援ボランティアネットワーク

 社会福祉協議会は、市内及び市外、並びに海外で発生した災害について、円滑な復興支援ができるように、災害復興支援ボランティアネットワークを組織しています。

福祉教育推進事業

◆とよた市民福祉大学

 

平成28年度より開講し、「福祉入門コース」と「家庭介護コース」の2コースで、地域における福祉活動の担い手の育成、介護人材養成を目的に実施しています。

平成29年度からは、とよた市民福祉大学を知っていただき、より多くの方々から関心をお寄せいただけるよう、オープンキャンパスを実施しています。護コース」の2コースで、地域における福祉活動の担い手の育成、介護人材養成を目的に実施しています。

これまでの受講修了者は180名を超え、それぞれの地域で支え合いによる地域づくりへの関わりや、修了者を対象とした情報交換会を実施し、さらなる学びと横のつながりを活かした活動を目指しています。

住民のニーズと修了者の思いを形にするために支援を行っています。

 

 

◆福祉教育活動支援

(1)障がいを理解するための実践教室の開催

児童・生徒に講義や体験を通して障がいを理解してもらい、福祉の心を養う機会づくりを目的として実践教室を開催しています。

平成30年度実績 

小学校

中学校

高等学校

その他

合計

実践教室開催

58校117回

4校6回

5校12回

9回

67校144回

 

 

 

 

 

 

 

(2)児童・生徒への福祉に関する学習会の協力

総合的な学習の時間や学校での活動時間、または学校外の活動の中で、「ふくしの心」を育むために、児童・生徒向けにボランティア活動やバリアフリー、ユニバーサルデザインなど、福祉に関する学習会に職員がお伺いしています。

 

 

 

 

(3)自治区・コミュニティ会議・企業など社会人向けの福祉に関する学習会の協力

がいを理解する学習を通じて、地域での支え合いなどの取り組みをすすめる契機としたり、企業の職員研修や社会貢献活動での取り組みの協力をしています。