「使用済み切手」の余白は最低1cm残してください

「使用済み切手」の余白は
        最低1cm残してください!

 

 豊田市社会福祉協議会(社協)ボランティアセンターでは、使用済み切手を収集しております。その切手を日本キリスト教会海外医療協力会に送付し、切手収集家の協力により換金されたのち、海外の医療活動資金として役立てられています。

 社協ボランティアセンターには、今年度も多くの使用済み切手が寄せられ、毎月第1木曜日の「使用済み切手整理作業」の日にボランティアさんによって切手の周りを切る整理作業が行われております。

 そこで皆さんにお願いです。

 今までははがきや封筒に貼ってあるまま、切手の周りを5mm〜1cm程度残して切り取りをお願いしていましたが、これからは今まで以上に切手のギザギザを切り取らないようにするために最低1cm残すことが必要になりました。ご注意ください。

今後も使用済み切手の収集・整理のご協力
よろしくお願いいたします。

 

★使用済み切手の整理方法★

切手のまわりを1cm程度残して切り取ってください。
はがきや封筒の台紙から切手をはがす必要はありません。

封筒の切手の裏側の紙は切り取ってください。

切手が破れているもの、折れているもの、汚れているもの、まわりのギザギザが欠けているものはご遠慮ください。

記念切手と通常の切手は分ける必要はありません。
枚数を数える必要はありません。
ただし、外国切手と日本の切手は分けてください。

 

◎問合せ  
豊田市社会福祉協議会 ボランティアセンター 
電話:(0565)31-1294
FAX:(0565)32-6011
メール:vc@toyota-shakyo.jp
受付時間:午前8時30分〜午後5時15分
休業日:日・月曜日、祝日

サイトトップページに戻る