経営基盤の強化

赤い羽根共同募金

 

 

共同募金とは

 

共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として始まりました。

当初、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。

社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として、取り組まれています。

 

 

 

共同募金の使い道(豊田市)

 

◇地域福祉推進のために

_・福祉まつりの開催

_・ボランティア事業

_・とよた市民福祉大学

 

◇高齢者のために

_・長寿祝事業

_・地域ふれあいサロン事業

 

◇障がいのある方のために

_・障がい児・者福祉活動

_・福祉実践教室

◇子どもたちのために

_・子育て支援事業

 

◇歳末たすけあいに

_・生活困窮世帯への支援

_・重度障がい児・者への支援

 

◇共同募金運動推進のために

 

◇全県域の福祉推進のために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「赤い羽根募金付き自動販売機」の設置企業を募集しています

 

赤い羽根自販機を設置することで気軽に社会貢献に参加できます。

 

自動販売機設置企業募集チラシ(PDF:433KB)

 

※まずはお気軽にお問い合わせください